マユハケオモト

深大寺門から神代植物園に入り、梅園に行ってから、温室に入りました。
先ずは休憩室に行って、自動販売機のお茶をゆっくり飲んで時間をかけ、カメラを音質の温度にならします。
これをやらないと外との温度差で、カメラのレンズが曇ってしまいます。15分ぐらい休んでから、入り口に戻って撮影します。

マユハケオモトが咲いていました。
名前は昔の化粧道具から付いています。
f0044056_10442249.jpg
f0044056_10444220.jpg
ビッシリ実ったバナナ。
f0044056_10452631.jpg
赤い球のオオベニゴウカン。
f0044056_10463716.jpg
黄色い椿の金花茶。
f0044056_10482222.jpg


by ha128256ak | 2019-01-11 14:09 | 花の写真 | Comments(4)
Commented by umi_bari at 2019-01-11 17:59
温室ですから、カメラとレンズを気温に慣らさないといけないのですね。納得しました。温室撮影にバグースです。
Commented by ha128256ak at 2019-01-11 18:11
umi_bari さん、こんばんは。
冬場は外気温と温室内の温度がかなり差がありますので、カメラを温室内の温度になるまで、撮影しません。
Commented by ruolin0401 at 2019-01-11 22:15
今晩は
温室もカメラを室内温度にならすんですね。納得です。
富士撮影の厳寒時は車内ヒーターを最大温度の30度くらいで
車内にカメラを置いて置くと、外は氷点下8~10度ですから気温差が大きいので外気に触れると結露してしまいます。
カメラを車のトランクに置いてます。
Commented by ha128256ak at 2019-01-12 10:56
ruolin0401 さん、おはようございます。
寒い所に撮影に行く時も、カメラが暖かくならないように、気を付けますね。
冬の北海道に野鳥撮影に行った時も、車の名から撮影する事もあるので、車の暖房を付けませんでした。
line

鳥の写真、花の写真、山の写真、風景写真、夜景


by ha128256ak
line
カレンダー