長蔵小屋のヒメサユリ

沼尻から左回りで尾瀬沼ビジターセンター方面に向かいました。
沼尻休憩所で聞いたら、右回りのコースは道が悪いようです。
彼方此方に小さな湿原があり花を楽しめました。

これはヒオウギアヤメです。
f0044056_633096.jpg


ワタスゲのまだ多少綺麗なのがありました。
f0044056_633383.jpg


シラビソの木に留まっているのはアオジでしょうか。200mmでははっきり撮れません。
f0044056_6345238.jpg


湿原にいたアオイトトンボ。
f0044056_6352252.jpg


大江湿原から沼山峠へと行く道に出合います。
尾瀬沼ビジターセンターはもう直ぐです。
f0044056_6364846.jpg


此処はニッコウキスゲの大群落がある場所なのですが、これくらいしか咲いていませんでした。
f0044056_6375234.jpg


この近くでやっとクルマユリに遇えました。まだこれから咲くんでしょうか。
f0044056_6385756.jpg


ミヤマオダマキの大きい株。
f0044056_6393513.jpg


尾瀬沼ビジターセンターに行って、登山靴に紐とガムテープを巻いて貰いました。

長蔵小屋の庭に咲いていたヒメサユリの花です。
尾瀬にはない花で、何処から持って来て植えたのかと思います。
昔からありましたが、久々に見たら随分増えていました。
清楚な花で、越後の浅草岳には自生しています。会津駒ケ岳にも咲いてるようです。
二つの山にはとうとう行きませんでした。
f0044056_6455932.jpg


混み合ってる長蔵小屋付近は避けて、三平下迄行って昼飯を食べました。
此処から見た燧ヶ岳は曇り空に霞んでいました。
アカトンボがいました。もう直ぐ里に下りてくるでしょう。
f0044056_649130.jpg


三平峠までは直ぐに着きました。此処から下りますが、一之瀬休憩所迄は1時間ぐらい掛かりました。
f0044056_6504848.jpg


一之瀬休憩所前の渓谷です。ヤマセミがいても良い雰囲気でした。
f0044056_6515320.jpg


一之瀬休憩所から大清水迄は昔ながらの砂利道でした。
砂利道は登山靴がかなりダメージを受けました。紐やガムテープが砂利に摺れて切れてきました。
やっとの思いで大清水に着きました。
記念に写した登山靴。イタリアのSIRIO製でソールを2回張り替えて履いていました。足に良くなじんで履き良かったです。
3月末にこの靴で高尾山を登って来たので、まさか壊れるとは思っていませんでした。
何とか此処までもってくれて良かったです。
f0044056_6584058.jpg


路線バスは上毛高原駅まで2時間掛かりました。
ビールとおつまみを買って、新幹線の中で妻と乾杯しました。
新しい登山靴を買おうかどうか迷っていますが、多分買うでしょう。

by ha128256ak | 2012-08-01 07:02 | 花の写真 | Comments(2)
Commented by ふん転菓子 at 2012-08-01 08:56 x
尾瀬の乾燥も進んでいるのでしょうね。
キスゲの大群落など以前とは違うのではないでしょうか。

アオジでしょうね。
この辺りで見れる野鳥も少ないので何か動くと嬉しくなりますよね。

そして靴。。大変でしたね!
現代人は靴が無いと歩けませんし、それが登山であれば猶更。最後にヤマセミですか!
最近本物見ていません。。
Commented by あだっちゃん at 2012-08-01 18:14 x
ふん転菓子さん、こんばんは。
尾瀬はそう乾燥してるとは感じませんでした。小さな湿原や池塘はたくさんありました。
ニッコウキスゲが少なく年だったかもしれません。日光方面から鹿が来て、食害を受けてるのは確かです。
シラビソにいたのはアオジでしょうね。
登山靴は大変でしたが、何とか家まで帰れました。
小屋やビジターセンターなどの方に大変お世話になりました。
家に帰って来て、鋏でガムテープなどを切ったら、ソールが剥がれました。
line

鳥の写真、花の写真、山の写真、風景写真、夜景


by ha128256ak
line
カレンダー